株式会社ヨコミゾ

安心・安全への
取り組み

  • TOP
  • 安心・安全への取り組み

ISO22000認証取得工場

食品安全に関する国際規格のISO22000/2018を取得しております。
衛生面を含め、お客様へ安心安全な食品を提供することを目的とした
食品安全マネジメントシステムに関する国際規格で、
厳しい基準をクリアした工場として認定を受けております。

ISO22000マーク

食品安全方針

  • ・ISO22000に適合した品質・食品安全マネジメントシステムを構築し関連する法令・規則
    要求事項を順守することを前提として、確実に運用するとともにシステムの有効性の
    継続的な改善を行います
  • ・年度始めに社長方針において食品安全目標を定め、組織に係る全ての階層に展開すると
    ともに定期的にレビューします。
  • ・HACCPの手法を活用し製品要求事項への適合性の向上を図ります。
会社ロゴマーク

01品質管理について

ヨコミゾでは、素材の持つ自然本来の旨味や風味を、みなさまにお届けできるように品質管理はもとより、原料加工メーカーにもこだわり、徹底した管理と指導を行っています。自然の美味しさを自然なままに、安心して召し上がっていただきたいという想いがヨコミゾの「もの造り」には込められています。

01品質管理について

ヨコミゾでは、素材の持つ自然本来の旨味や風味を、みなさまにお届けできるように品質管理はもとより、原料加工メーカーにもこだわり、徹底した管理と指導を行っています。自然の美味しさを自然なままに、安心して召し上がっていただきたいという想いがヨコミゾの「もの造り」には込められています。

仕入先の品質管理
仕入先の品質管理
仕入れ先の工場を定期的に訪問し、原料の品質チェックから加工工程の確認など品質管理を徹底しています。
鮮度管理
鮮度管理
原材料の鮮度を追求し新鮮なまま加工することにこだわります。
製造工程管理
製造工程管理
商品ごとに製造工程規格書を作成し調味料を始め1つ1つ計量し、基準に沿って製造工程が守られてるかどうか日々厳しく管理しています。
温度管理の徹底
温度管理の徹底
温度チェックは記録として残すよう社内規定で定めており、その記録は日報として社内に蓄積され、問題点がある場合は迅速に対処する体制をとっています。
食品トレーサビリティ
食品トレーサビリティ
万が一の製品事故に備え、生産管理システムを導入し原材料の入荷から製造・出荷に至る記録を保管しています。
官能検査
官能検査
官能検査では、人の五感を使って、味のバランス・舌触り・ジューシー感・色・香りなど機械では判断が難しい美味しさを確認しています。

02衛生管理について

ヨコミゾではHACCP対応型工場で食品衛生管理や安全性に力を入れています。
作業スタッフに講習会を行い、食品衛生に対する意識の向上に取り組んでいます。また、自社内だけではなく、仕入先や、原料加工業者の工場に定期的に出向き、衛生管理のチェックと指導を行っています。

02衛生管理について

ヨコミゾはISO22000に基づいた食品衛生管理や安全性に力を入れています。
作業スタッフに講習会を行い、食品衛生に対する意識の向上に取り組んでいます。
また、自社内だけでなく、仕入れ先や原料加工業者に定期的に出向き、衛生管理のチェックと指導を行っています。

工場スタッフの衛生管理について
入室時の衛生管理
入室時の衛生管理
出勤時の検温と健康チェックを行います。白衣に着替え、インナーキャップをし、さらにキャップをかぶり二重にしています。二人一組でローラー掛けをし、ほこりや毛髪を取り除きます。
消毒・ウイルス対策の徹底
消毒・ウイルス対策の徹底
次に手洗い用石けん液を使用し、手・指を洗浄、ゴム手袋、マスクを着用します。工場に入る前に必ずアルコール消毒、エアシャワーを浴びなければ入ることはできません。
衛生講習会の実施
衛生講習会の実施
衛生管理のポイントを定期的に学ぶことでスタッフ一人一人の衛生レベルが向上します。
食品の衛生管理について
温度管理の徹底
温度管理の徹底
具材のミキシング後の芯温、蒸し上がり温度、冷凍保管庫の温度、材料の保管温度管理など多くの箇所で温度をチェックしています。
異物混入対策
異物混入対策
工場内には「清潔区域」を設定し交差汚染などが無いように配慮しています。
成型・蒸し・包装・箱詰め各工程で目視検査をすることで排除の徹底を図ります。
細菌検査
細菌検査
製造ロットごとに検査用サンプルを取り、細菌検査を行います。
一般基準よりも厳しい自社基準を定めクリアした商品のみを出荷する様にしてます。

03工場設備について

ISO22000の基準に従い工場内の管理を徹底してます。
ライン工程は自動化することで細菌の繁殖や異物混入を防ぐ工夫を施し、工場内温度設定も、具材の品質を保つために18~20℃前に保たれています。
最新設備を導入して効率化も図ってます。

03出荷前検査について

ISO22000の基準に従い工場内の管理を徹底してます。
機械でも各箇所で検査を行います。X線・金属探知機と
二重三重と検査することで外部からの異物をしっかり排除します。

HACCP対応型工場
X線検査装置の導入
金属もプラスチックなどの非金属も検出できるX線検査装置を導入。
全ての商品を出荷前に検査し異物混入を防ぎます。
ブルーシート梱包
金属探知機の導入
作業前後に刃物類の欠けなどを確認したり、器具・機械使用前に清掃をすることで異物除去を徹底しています。さらに金属探知機を導入し異物混入を防いでいます。
厳重な保管体制
厳重な保管体制
-25℃の管理された製品用保管庫で出荷を待ちます。